肌で感じ、自ら実践することの学び

小林 みくMiku Kobayashi

(第8期生)
入社年度:2019年
*株式会社JALスカイ

就職活動の準備をしていた大学3年生の時にアカデミーのことを知り、受講を決めました。幼い頃からJALグループで働きたいという思いがあり、JALで実際に勤務されていた講師の方々からアドバイスをいただき、学ぶことができる点に魅力を感じました。

アカデミーのカリキュラムには、様々な方法で自己分析を繰り返し行い、その度に自分の言葉で表現する機会がたくさんあります。自分だけでなく同じ授業を受ける仲間の話を聞くことや、授業時間外にも講師の皆さまが親身になって相談に乗ってくださったことで自分に自信を持つことができました。

JALエアラインアカデミーで過ごす日々はきっと皆さまの背中を押してくれます。JALで働きたいという強い想いを大切に頑張ってください。お会いできる日を楽しみにしております。

※掲載されている情報は取材当時の内容です