自分と向き合えた場所

森永 春風Harukaze Morinaga

(2018年度短期生)
入社年度:2019年

私がJALエアラインアカデミーに入ろうと思ったきっかけは、JALの客室乗務員になりたいという強い思いから、実際にJALの客室乗務員をされていた講師の方々からたくさんのご指導を頂けることに魅力を感じました。
実際に、先生方は私たち受講生に熱い思いを持って本気で接してくださいました。
そんな先生方の下、なぜJALの客室乗務員になりたいのかを本気で考え、時には自分と向き合うことが苦しいこともありましたが、先生や仲間たちの励ましによりとことん自分に向き合えた時間になりました。

今就職活動を迎えている皆さん、きっと不安な気持ちでいっぱいだと思いますが、客室乗務員になりたいという強い思いを大切に道を切り開いていってください。
皆さんと一緒にフライト出来る日を楽しみにしております。

※掲載されている情報は取材当時の内容です