私が変われた場所

中村 咲瑛子Saeko Nakamura

(第2期生)
入社年度:2016年

私にとってアカデミーは、今の私がある原点だと思っています。私は大学3年生のとき、自分に自信がなく面接がとても苦手でした。しかし就職活動を控え、このままではいけない、“自分を変えたい!”というその一心でアカデミーに通うことを決めました。

自分自身の人生を自己分析を通して振り返り、素の自分と向き合う授業では、自分の中の複雑な思いが言葉にならず人一倍涙が出てしまう私でした。しかしそのような時も、講師の方や一緒に学ぶ仲間が心ゆくまで話を聞き、一緒に悩み考え、たくさんの温かい言葉をかけてくれました。

そしてある時、講師の方からいただいたある一言で、私は変わることができました。たったその一言で、悩んできたことがスーッと解消される感覚は今でも覚えています。それからは少しずつ自分に自信が持てるようになり、面接も楽しくなりました。

アカデミーは一人ひとりと真摯に向き合い、その人らしさを大切にしてくれる場所です。就職活動を控えた皆さまも、それぞれ違った悩みがあると思いますが、アカデミーでの時間と学びが必ず自信に変えてくれるはずです。そして“ありのままの自分”を好きになることができると思います。

また、アカデミーで身に付いた“気づくこと”や“感じること”は日常生活や仕事に日々生かされています。見える世界が変わり、様々なことに感謝の気持ちを持つようになりました。

講座は約3ヵ月ですが、アカデミーで学んだこと、そして何より、アカデミーを通して出会った方々、共に学んだ仲間は私の一生の宝物になりました。この3ヵ月は人生で最も濃く、なくてはならない時間であったと今改めて思います。

これから受講を考えている皆さま、ぜひこのJALエアラインアカデミーで、一生の宝物になる時間を過ごしていただけたらと思います。そして、皆さまの夢が実現しますよう、心より応援しています。

※掲載されている情報は取材当時の内容です