大空で待っています

真田 綾香Ayaka Sanada

(第1期生)
入社年度:2015年

皆さま、こんにちは。
JALエアラインアカデミーに興味を持ってくださり、ありがとうございます。

受講する前、私は自分の想いを言葉にしたり、表情に出すことがとても苦手でした。
アカデミーの授業では、”あなたはなぜそのように思うの?”という質問を繰り返します。自分の気持ちがうまく表現できず悔しくて、時に涙することもありました。
しかし、本気で真剣に自分と向き合ってくださる講師の方や、ありのままの自分を受け入れてくれたクラスメイトのお陰で、「わたしはこれでいいんだ!」と思えるようになり、自信が持てました。

真剣に自分自信に向き合ったアカデミーでの3ヵ月では、私にとってかけがえのない時間と仲間を得ることができました。
ここで得たものは人として本当に大切なことで、それは今も客室乗務員の仕事に繋がっています。

皆さまもアカデミーで夢の実現に向け、一歩踏み出してみませんか。
その一歩は必ず皆さまの自信に繋がります。応援しています!大空で待っています。

※掲載されている情報は取材当時の内容です