自分らしさを大切に

高田 花歩Kaho Takada

(第5期生)
入社年度:2017年

入校当時、私は自分に自信が持てず就職活動に対して不安な気持ちでいっぱいでした。
JALエアラインアカデミーの授業では、自分の考えに対して“なぜそう思うのか?”と自問自答を繰り返していきます。なかなか自分の気持ちを上手く言葉に出来ず悔しい思いや涙を流した時もありましたが、そんな時に親身になって向き合って下さったのが、講師の方々やJALエアラインアカデミーの事務局の方々、そして一緒に受講していた仲間でした。

講師の先生方や仲間に支えられて自分と向き合っていくうちに、素の自分を受け入れること、取り繕うとせず素直な気持ちを自分の言葉で表現することの大切さを学ぶことができ、そしてそれは大きな自信に繋がりました。ここで経験したことは日常生活や客室乗務員として働く中でも生かされていると実感しておりますし、夢を叶えるための第一歩にJALエアラインアカデミーの受講を選択して良かったと心から思っております。

ぜひ皆さまもJALエアラインアカデミーで自分自身ととことん向き合い、自信を持って夢への第一歩を踏み出していただけたらと思います。
皆さまの夢が実現し、いつか一緒にフライトできる日を楽しみにしております。

※掲載されている情報は取材当時の内容です