自信を持つことができた

田中 葉Yo Tanaka

(第2期生)
入社年度:2016年

JALエアラインアカデミーのHPをご覧くださり、ありがとうございます。

JALエアラインアカデミーは、私が初めて自信を持つことができた場所です。大学3年次、航空業界に興味を持ちつつも志望する職種は定まっていませんでした。ただ漠然とした不安を抱えながらJALエアラインアカデミーの説明会に参加し、就職活動に自信をもって臨みたいと受講を決意しました。

受講中は自己分析を繰り返し、素の自分の姿と向き合うことで悩み、自信が持てない自分に悔しい想いを抱くことが何度もありました。しかし、素の自分を認め、ありのままの姿でいること、また素直な想いを伝えることこそが大切であると気付き、自信を持つことが出来るようになりました。
また、そんな自分を支えてくれる人が周りにいること、それまでの道のりの中で出会った人への感謝の気持ちを持つことができました。
自分を認め、自信を持つことができたのは、講師の皆さまや支えてくださったアカデミー事務局の方々、一緒に悩んだ仲間がいるからです。
素の自分と向き合うことは想像以上に大変なことでもありましたが、努力した先には仲間と一緒に夢を実現する嬉しさや、日本航空の客室乗務員としてお客さまに出会える喜び、素敵な仲間と働ける喜びがありました。
今でもJALエアラインアカデミー時代の仲間の存在や学んだこと、当時の自分の努力が働く上でのモチベーションとなっています。

これから受講を考えている皆さま、ぜひJALエアラインアカデミーでとことんご自身と向き合い、自信をつけてください!

皆さまが素の自分を好きになり、夢が叶いますよう心から応援しています。

※掲載されている情報は取材当時の内容です